京都大学留学生住宅保証制度

2017年1月31日をもって、同制度は廃止しました。

京都大学は2017年1月31日をもちまして、留学生住宅保証制度を廃止しました。
2017年2月1日以降に入居する物件ならびに賃貸借契約を更新する物件について、京都大学は連帯保証人になりません。自分で連帯保証人を探し出すことが困難な場合、民間の保証会社を利用してください。また、この住宅保証制度に含まれていた留学生住宅総合補償(火災や水漏れ事故の時などの賠償保険)も同時に終了となります。留学生の方は、火災や水漏れ事故、第三者にけがを負わせた時などにそなえて、火災保険や賠償責任保険に加入することを強く薦めます。 不動産仲介業者や家主からの指定がない場合は、大学生協の学生賠償責任保険(一人暮らし特約)に加入するようにしてください。

  • 大学生協の学生賠償責任保険(一人暮らし特約)の保障内容例
    • 自転車で歩行者にぶつかりけがをさせたとき
    • 他人の持ち物を破壊してしまったとき
    • 火災や水漏れ事故を起こし、家主から賠償を求められたとき
    • 風水害、火災、落雷などにより家財が損害を受けたとき
    • 自分の家財が盗まれたり、壊されたとき

問い合わせ・加入手続き:吉田・宇治・桂キャンパス 生協カウンター(MAP
参照:大学生協の学生総合共済

現在、京都大学留学生住宅保証制度を利用している留学生の方へ

アパートの賃貸借契約期間が満了するまでは、引き続き京都大学が保証しますが、2017年2月1日以降アパートの賃貸借契約を更新する時や他のアパートへ転居する場合、この保証制度を利用することができなくなります。また、あわせて保険(留学生住宅総合補償)も終了となります。現在の住宅賃貸借契約書や補償加入者控を見て、契約内容および保険の補償期間を確認するとともに、下記例を参考にそれぞれ手続きをしてください。

参考例 1:現在住んでいるアパートに引き続き住む場合(賃貸借契約を更新する場合)
  1. 京都大学住宅保証制度の解約届けをサービスオフィスへメールで提出。
  2. アパートの管理会社へ京都大学住宅保証制度が廃止になったことを連絡。
  3. サービスオフィスのホームページで紹介している保証会社を利用したい旨を相談。
  4. 保険は、京都大学生協の学生総合共済保険を利用したい旨を相談。

⇒管理会社の了解が得られれば、京都大学生協ルネ・リビング店で保証委託契約と保険加入手続きを行う。
※了解が得られない時は、管理会社が指定する保証会社と火災保険に加入してください。

参考例 2:京都大学に在籍中に別のアパートに転居する場合
  1. 京都大学住宅保証制度の解約届けをサービスオフィスへメールで提出。
  2. 不動産業者にサービスオフィスのホームページで紹介している保証会社を利用したい旨を相談。
  3. 保険は、京都大学生協の学生総合共済保険を利用したい旨を相談。

⇒不動産業者の了解が得られれば、不動産業者で保証委託契約を行う。
あわせて、京都大学生協で学生総合共済保険の加入手続きを行う。
※了解が得られない時は、不動産業者が指定する保証会社と火災保険に加入してください。

参考例 3:現在住んでいるアパートの契約期間が満了後、退去し帰国する場合

解約届けをサービスオフィスに提出してください。(メール可)
提出先:国際交流サービスオフィス(吉田国際交流会館1F)
E-mail : kuiso-s@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

参考例 4:現在住んでいるアパートの契約期間満了までに、保険(留学生住宅総合補償)の補償期間が終了する場合

⇒国際交流サービスオフィスに来て、補償期間の延長手続きをしてください。

-重要なお知らせ-

京都大学を卒業・修了・退学・休学すると、保険(留学生住宅総合補償)の補償期間満了前でも補償が終了(無効)になるので注意してください。
在籍状況が変わる時は、必ず国際交流サービスオフィスに連絡してください。

国際交流サービスオフィス

TEL :075-753-5057(留学生住宅総合補償(保険)・保証会社に関すること)
075-753-5059(解約に関すること)
Email :kuiso-s@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

注意事項

同制度を利用中の方で、次のような場合、必ずすぐに国際交流サービスオフィスに来て、必要な手続きをしてください。

  • 京都大学を休学するとき。
  • 卒業(修了)・退学・転学により京都大学の学生でなくなったとき。
  • 保険(留学生住宅総合補償)の補償期間が切れるとき。
  • 賃貸借契約を更新するとき。
  • 賃貸借契約を解約するとき。
  • アパートの契約内容を変更したとき。
  • アパートで、火事・水漏れ等問題が起きたとき。
  • 偶然の事故により他人にケガを負わせたとき。
  • 転居するとき。

保険料の払い戻し

急な転居などで、保険(留学生住宅総合補償)を中途で解約する場合、保険料の払い戻しが受けられることがあります。払い戻しを受けるときには、契約書、保険加入者控および銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行も含む)を、国際交流サービスオフィスに持ってきてください。なお、払い戻しには、約3ヶ月かかります。