京都大学国際交流サービスオフィス 京都大学国際交流サービスオフィス

MENU

Language

在留資格認定証明書交付代理申請について

日本に入国しようとする外国人は、在外日本大使館(領事館)において、日本在留中の活動内容にあった査証(ビザ)を取得した上で来日しなければなりません。査証(ビザ)申請の際、あらかじめ日本で法務省出入国在留管理庁が交付した「在留資格認定証明書」が求められます(短期滞在ビザを除く)。

国際交流サービスオフィスを通じて申し込める方 国際交流サービスオフィスを通じて申し込める在留資格

国際交流サービスオフィスでは在留資格「教授」・「文化活動」・「留学」・「家族滞在」の在留資格認定証明書交付代理申請を取り扱っています。
ご自身がどの在留資格に該当するか確認したい場合は、【こちら】から確認できます。

在留資格認定証明書 交付代理申請について 在留資格認定証明書 交付代理申請について

国際交流サービスオフィスは下記の手順で在留資格認定証明書交付申請を行います。

STEP 01
入国3か月前
国際交流サービスオフィス(以下KUISO)へ
在留資格認定証明書交付代理申請を依頼
国際交流サービスオフィス(以下KUISO)へ在留資格認定証明書 交付代理申請を依頼

① 受入教職員が代理申請システムを通じて、KUISOに在留資格認定証明書交付代理申請を依頼

外国人研究者・留学生が直接KUISOに依頼することはできません。

STEP 02
KUISOが外国人研究者・留学生へシステムログイン用URLを送信する
KUISOが外国人研究者・留学生へシステムログイン用URLを送信する
② 外国人研究者・留学生へ申請に必要な情報を入力するためのURLをKUISOより送信
③ URLを受け取ったらシステムにアクセスし、申請に必要な項目の入力と必要書類のアップロードを行う。配偶者と子供も日本に入国する予定がある場合は、それぞれの項目も入力。
④ KUISOは提出された情報・書類をもとに、申請書類を作成。

KUISOからのメールがスパムに振り分けられている可能性もありますので、よく確認してください。

STEP 03
入国2か月前
KUISOが大阪出入国在留管理局京都出張所へ
申請書類を提出
KUISOが大阪出入国在留管理局京都出張所へ申請書類を提出
⑤ KUISOからの「入国管理局受理のお知らせメール」を確認(在留資格認定証明書が交付されるまで、約3-4週間かかります)
STEP 04
入国1ヶ月半前
在留資格認定証明書 交付される
在留資格認定証明書 交付される
⑥ KUISOが大阪出入国在留管理局より在留資格認定証明書を受け取る
⑦ 在留資格認定証明書を外国人研究者・留学生へ国際宅配便にて送付
⑧ KUISOからの「証明書送付のお知らせメール」を確認
STEP 05
在留資格認定証明書をもって自国にある日本大使館(領事館)にて日本入国査証を申請する

諸注意 諸注意

在留資格認定証明書を申請する際の注意点を紹介します。

国際交流サービスオフィスへの交付代理申請依頼について

  • 外国人研究者・留学生の方が直接国際交流サービスオフィスに在留資格認定証明書交付代理申請を依頼することはできません。受入教職員を通して、国際交流サービスオフィスに依頼してください。

在留資格認定証明書交付に要する時間

  • 在留資格認定証明書の交付には通常3週間程度かかります。大阪出入国在留管理局に申請が集中すると4週間以上かかる場合もあります。
  • 大阪出入国在留管理局が個別に追加資料を求めた場合、交付までさらに時間を要すことがあります。

在留資格認定証明書の有効期限

  • 在留資格認定証明書の有効期限は交付日から「3ヶ月」です。証明書の有効期限内に、査証を申請・取得し日本での上陸審査時に提出する必要があります。

査証発給について

  • 在外公館での査証発給には約5日(土・日・各国の祝祭日を除く)かかります。
  • 査証発給審査予定地が自国ではない場合、査証を申請できない可能性があります。必ず、在外公館に査証申請が可能かあらかじめご確認ください。