住まいについての基礎知識・外国人のための住宅賃貸借保証人

京都大学は、外国人研究者と留学生向け宿泊施設として国際交流会館を運営しています。しかしながら、居室数や入居期間に限りがあり、ほとんどの方は国際交流会館以外の住まいを不動産業者等を利用し自分で探す必要があります。
このページでは、日本で住まいを探すにあたって知っておきたい基礎的な知識を「入居するとき」「退去・転居するとき」にわけてご紹介します。

入居するとき

入居時の一般的な流れ

日本で民間の賃貸住宅を借りるときには、不動産業者を通して契約するのが一般的です。
連帯保証人、敷金、礼金など日本独自の取引習慣があります。また、火災や階下への水漏れ事故などに備えて損害保険に加入するようにしましょう。

1. 情報収集
  • 国際交流サービスオフィスホームページ
  • 不動産業者ホームページ
  • 友人や知人 など
Flow arrow
2. 不動産業者へ問い合わせ
  • 部屋の設備、広さや間取り、大学までのアクセス、環境(雰囲気・治安)、買い物エリア、近くの病院 など
  • 家賃、敷金・礼金など契約時にかかる費用
  • 連帯保証人、火災保険加入の要不要
  • できれば、下見や内覧をしましょう。(部屋の画像や動画を送ってくれる不動産業者もあります。)
Flow arrow
3. 契約・入居
  • 契約内容の確認(家賃の支払い方法、契約期間、解約時の予告期間、特約事項 など)
  • 連帯保証委託契約、火災保険・賠償責任保険への加入手続き
  • 鍵の受け取り、入居時の部屋の状態を確認(汚れていたら、不動産業者へ知らせる)
  • 電気、ガス、水道の使用開始手続き

知っておきたい不動産用語

連帯保証人アパートを借りた人に不測の事態があって家賃を払えなくなった場合に、家賃を立て替えて支払う人のこと。アパートを借りた人は、連帯保証人に後で返済する必要があります。
敷金入居中に発生する問題、退去時の部屋の破損や部屋代未払い等に備えて入居時に家主に支払う費用。退去時、部屋の清掃・修理代等を差し引いて残りがあれば、返金されます。
礼金部屋を借りる際の手付金(お礼)として家主に払う費用。退去時に返金されません。
共益費・管理費アパートの廊下など共有部分の管理や清掃代等の費用のことで、住人全員で負担します。
仲介手数料不動産業者に支払う斡旋料。賃貸借契約が成立した時に支払います。
重要事項説明不動産業者が契約締結の前に入居者へ説明します。設備の状況や解約の予告、敷金の取扱い等、大切なことが説明されます。
原状回復費用入居者の故意・過失・不注意によって、部屋を損傷したり、汚したりした場合に、その損害を元の状態に戻すための費用。退去時に敷金から差し引かれます。
損害保険、火災保険、賠償責任保険 など
  • 入居者の過失により火災や水漏れ事故を起こし、家主から請求された場合の保障
  • 風水害、火災などで入居者の家財が損害を受けた場合の保障
  • 水漏れを起こして、階下の住人の家財に損害を与えた場合の保障

入居中守らなければならないこと

  1. 契約者だけが住むこと。他人に貸してはいけません。
  2. 大きな声や音をたて、隣人や階下へ迷惑をかけないようにする。
  3. 家賃は決まった日までに必ず支払う。(通常、前月末までに翌月分を前払い)
  4. ゴミの捨て方、捨てる日を守る。
  5. 階下等への水漏れ事故を防ぐため、浴室・台所の排水口の掃除を心がける。
  6. 壁に釘を打つ、穴を開けるなど一部でも無断で部屋を改造してはいけません。
  7. 光熱費(電気、ガス、水道料金)をきちんと支払うこと。滞納が続くと、供給が停止されます。
  8. 旅行などで長期間部屋を空ける時や一時帰国するときは、家主または不動産管理会社へ連絡し、 家賃の支払いが滞納しないように気をつける。

参照:国土交通省ホームページ 外国人向け部屋探しのガイドブック

外国人のための住宅賃貸借保証人について

日本で民間アパートに入居するためには、一般的に「連帯保証人」が必要です。連帯保証人がいない場合は、保証会社に保証を委託する必要があります。
京都大学は、留学生や外国人研究者等がスムーズに賃貸借契約を締結し、安心して日本での生活が送れるよう、下記保証会社を紹介いたします。京都大学に在籍する外国人(在留資格は問わない)であれば、特別料金で保証を受けることができます。

  • グローバルトラストネットワークス(GTN)
  • Fサポート(フラットエージェンシー)
  • グリーン保証(長栄)
  • 全保連(Zenhoren)(日本語のみ対応可能)

保証会社の利用手順

STEP 1

保証会社の利用については、物件の大家または不動産業者の了解が必要です。
入居したい物件が見つかったら、上記の保証会社が利用可能かどうか聞いて下さい。

STEP 2

利用可能といわれたら、利用する保証会社に「京都大学に在籍している・在籍予定であること」を告げて下さい。そうすれば、特別料金の適用をうけられます。

STEP 3

保証会社の利用手続(保証審査手続き)は、不動産業者が行います。指示にしたがって、必要書類を提出してください。

各保証会社について詳しくはこちら留学生の方へ-京都大学留学生住宅保証制度の廃止についてー

WEB マンガで見る日本の賃貸事情:㈱グローバルトラストネットワークス

URLhttp://www.gtn.co.jp/webmanga/

退去・転居するとき

退去時の一般的な流れ

1. 退去連絡
  • 賃貸借契約書を確認し、予告期間内に不動産業者を通じて家主へ連絡。
    (通常、退去月の1~2ヶ月前に連絡する必要があります。)
    ※予告期間を過ぎて連絡すると、別途1ヶ月分の家賃を請求されることがあるので、注意してください。
Flow arrow
2. 退去準備
  • 電気、ガス、水道の解約・清算
  • 市(区)役所にて転出手続き
  • 部屋の清掃、ゴミの処分(私物は部屋に残さないこと)
  • 転居の場合、所属学部・研究科事務室へ住所変更を届ける
Flow arrow
3. 退去
  • 鍵の返却(家主への挨拶も忘れずに)
  • 敷金の清算(家賃の滞納や修理費が発生した場合きちんと支払う)

参照:国土交通省ホームページ 外国人向け部屋探しのガイドブック