Icon housing国際交流会館Q&A

国際交流会館Q&A

一般的な質問事項

A1. 入居手続き時に現金をご用意いただく必要はありません。
入居後に銀行振込依頼書を発行しますので、受け取られたらお支払いください。入館料は入居月の家賃と合算し請求します。
宿泊料は、下記いずれかの方法により、毎月支払期日までに納付します(振込や支払いに関する手数料は自己負担)。

  1. 銀行振り込み
  2. コンビニエンスストアでの支払い
  3. クレジットカード払い

また、宿泊料のほか電気料金が使用量に応じ別途必要になります(みささぎ分館W・E型の入居者は、さらにガス料金が必要になります。)
さらに会館によっては、水道料金、インターネット利用料および寝具レンタル料が別途必要になるところもございますので、詳しくは各施設情報をご参照ください。

京都大学の宿泊施設を利用する
https://kuiso.oc.kyoto-u.ac.jp/housing/facilities/ja

A2. 家賃とは別に使用量に応じ電気代が請求されます。電気代は関西電力に支払います。支払方法は、原則、銀行口座からの自動引き落としかクレジットカード払いですが、クレジットカード払いを推奨いたします。
吉田国際交流会館入居者は、管理人から直接請求書を受け取り、管理人室窓口にて現金でお支払いください。

A3. 安全のため、入居前に届く郵便物・荷物はお預かりいたしません。入居後に届くようにしてください。

A4.

【早期退去】
退去予定日の2週間前までに入居先の会館で退去届を提出してください。
【延長】

留学生:延長不可
研究者:申し出た時点で入居中(もしくは入居予定)の居室に引き続き空きがある場合のみ対応可です。
  • 修学院・吉田・岡崎:通算1年まで
  • 宇治・おうばく:通算2年まで(2021年1月以降の抽選へ応募し、2021年4月以降に宇治分館もしくはおうばく分館に入居された方が対象。それより前に入居中もしくは入居が決定されている方は通算1年までとなります。)
A5.

単身室:入居者本人のみ
夫婦室:本人と配偶者(子)と3歳未満の子供1名まで
家族室:料金表に記載の人数まで(入居時に3歳未満の子供は人数にカウントせず)

A6. 来訪者の宿泊は認められませんので、午後9時までにお帰りください。
(ただし病気のための付き添い看護等特別な事情により宿泊させる必要がある場合は、会館事務室の許可を得てください。)
ちなみに、単身室は本人のみの入居のため、例え家族であっても同居はできません。他の宿泊施設にご宿泊ください。
夫婦室・家族室でのシェアリングは認めておりません。また、友人や婚約者、同伴者は入居資格がありません。

A7. 同居できる家族は、原則、留学生・研究者の配偶者(事実婚のパートナー含む)およびその子供です。
留学生・研究者の生活補助のため、止むを得ず両親・兄弟姉妹が同居する場合は予めご相談ください。

A8. 事実婚のご夫婦は、夫婦関係を確認させていただくため追加書類の提出をお願する場合があります。予めご了承ください。

A9. 調理器具、食器、洗剤、歯ブラシ、タオル、トイレットペーパー等の生活用品は各自でご用意ください。
退去時もご自身でお持ち帰りいただくか処分してください。

A10. 寝具は、掛布団、敷布団、枕およびそれぞれのシーツがあります。
3歳未満の子供が寝具を必要とする場合は入室人員としてカウントしますので、宿泊料が必要になります。

国際交流会館Q&A(研究者編)

A11. 教授・准教授・講師・助教、特定教授・特定准教授・特定講師・特定助教、外国人教員・講師・教師、技術補佐員・教務補佐員・非常勤講師、等を除く、京都大学で受入身分が付与される外国人研究者

A12. 既に当選している方は、別の募集に応募することはできません。当選分をキャンセルし、新たに応募することは可能です。
また、入居を開始された後に再度ご応募いただくことは出来ません(1プロジェクトで来日滞在中、当選のチャンスは1回限りです。退去後一旦帰国され、別のプロジェクトで再度来日される場合はご応募可能です。)。

A13. 居室番号の指定は、国際交流サービスオフィスが行ないます。抽選で決定された居室は、入居前・入居後にかかわらず変更できません。また別の会館への移動も認められません。

A14. 可能です。
入居期間中に居室の変更ができませんので、家族を呼び寄せる(同居する)もしくはその可能性が高い場合は、最初から家族室を申し込んでください。
家族室の最低宿泊料は2名からなので、最初研究者本人のみの滞在中は2名料金を負担、家族合流後は入室人員に応じて料金をご負担いただきます。その場合、あらかじめ家族の来日スケジュールをお知らせください。

A15. 入居期間は、教育研究期間(受入期間)の前後1週間までが許容範囲です。

A16. 定期・臨時でのカテゴリー分けはなくなりました。入居開始希望月の4ヶ月前からご応募ください。

国際交流会館Q&A(留学生編)

A17. 新規入学生であり、日本在住1年未満の留学生

A18. 単身室以外の室タイプでも入居を希望されていた場合、夫婦室に割り当てられた方は夫婦室の料金をご負担いただきます。シェアリングはできません。