本学で取扱う外国人の在留資格 「教授」

「教授」(在留期間:5年、3年、1年または3ヶ月)

活動内容

日本の大学もしくはこれに準ずる機関又は高等専門学校において、報酬を伴う、研究、研究の指導または教育を行う活動

報酬とは?

給与のみならず、滞在期間中、継続して支払われる経費/滞在費等が一定額を超えると出入国在留管理局で報酬と判断されることがあります。
なお、講演等で臨時の報酬等としての謝金等のみを受ける場合は、ここでいう報酬に該当しません。

経費出途

日本の団体・機関 (例: 日本学術振興会(JSPS))
※ 所属機関での身分が学生(博士課程等)であっても京都大学より報酬を得る活動に従事する場合、在留資格「教授」に該当します。